和ハーブ~ドクダミの色々

この時期に作るものとして ” 十薬(じゅうやく) ”といわれるドクダミチンキ剤があります。
チンキ剤というのは、植物を高濃度のアルコールに浸けてその成分を抽出したもの 





1週間ほど前に浸けたチンキ剤が、良い色になってきました。
” 十の効き目のある薬 ”といわれるドクダミの成分アルコールに移し、
虫刺されの痒みにはもちろん、精製水やグリセリンで希釈し
肌荒れ予防のローションとしても使用します。

IMG_9597_convert_20170601154622.jpg



ボランティアハーブ園では” 八重ドクダミ ”” 五色ドクダミ ”花を咲かせました。
しかし白い花のようなものは花びらでもガクでもなく” 苞(ほう) ”というのだそうです 

IMG_9648_convert_20170601155910.jpg



今年初めて気づいたのですが、八重ドクダミ” 苞 ”の部分。。。
片側から白く色づいていき、開いていくのです 

IMG_9554_convert_20170525200406.jpg


別の個体を見ても、そう。。。

IMG_9649_convert_20170601160150.jpg



知らない方にお伝えすると、鮮やかな赤ビックリされるほど、
” 五色ドクダミ ”のカラフルな葉は、美しくて大好きです
” 苞 ”通常のドクダミと同じく、十字になっています。


IMG_9661_convert_20170528224144.jpg



ちなみに我が家のベランダの” 五色ドクダミ ”は、徐々に赤が消えてしまいました 
日に当てたら、赤くなるかな??。。なんて思い、ただいま実験中です 

IMG_9598_convert_20170601154504.jpg










和ハーブ&山野草のお茶作り

先日のカラスノエンドウのお茶は初めての試みでしたが、
昨年から作っている” 和ハーブ&山野草のお茶 ”があります 


ビワ葉、和ハッカ、ヨモギ、イブキジャコウソウ など季節ごとに作りましたが、
春に採れた ドクダミ、カキドオシ、スギナ茶を最近は飲んでいます。





デトックスティーと言われる” ドクダミ ”解毒作用があり、
便秘などの改善に役立ち、それに伴う肌荒れに効果がありと言われていますね 

IMG_8965_convert_20170505221633_20170513105449927.jpg



今の季節、グングン伸びて広がる” カキドオシ ”
シソ科植物のの爽やかな香りと味は、アイスティーも美味しくおススメです 
利尿作用があり血糖値を下げる効果があると言われ、海外でも人気のハーブです。

IMG_8966_convert_20170505221652_2017051310545092e.jpg



そして” スギナ ”は、土筆の後に栄養茎として伸びてくるシダ植物
利尿作用の高さはもちろん、爪や髪の毛のケアに良いケイ素が含まれると知り
せっせと作っては飲んでいる和ハーブティーです(笑)

IMG_8967_convert_20170505221713_20170513105452988.jpg



昨年つくった” スギナ茶 ”より、新茶(左側)の” スギナ茶 ”の方が
若々しくグリーンが綺麗 

IMG_8978_convert_20170507230439.jpg




” スギナ茶 ”は味に主張がなくまろやかなので、
他の和ハーブとブレンドして飲むのがおすすめです 
ブレンドしたり、時には焙煎したり。。。身近な植物美味しく楽しんでいます 



※ スギナ茶は、心臓・腎臓既往症の方やニコチン過敏症の方は禁忌です。



















ハコベを食べてみました。

1か月ほど前のことですが。。。ベランダのプランターから伸びてきた植物がありました。
” ハコベ ”です 





陽射しにあたってキラキラ” ハコベ ”を、収穫してみました。

IMG_7672_convert_20170321131041.jpg



アップにしてみると、可愛い白い花が 
花柱の本数や 茎が写真で見るより赤紫だったので” コハコベ ”かな。。と思いました

IMG_7669_convert_20170321131058.jpg



” ハコベ ”の茎は不思議なことに、片側だけ毛が生えています。
馬のたてがみの様ですね 

IMG_7664_convert_20170321131112.jpg



来年も生えてくるように、種を採取してみました。
拡大してみると まん丸ではなくてギザギザです。知らないことがいっぱい

IMG_8980_convert_20170506230534.jpg




よく観察した後は、サッと湯がいて胡麻和えにして食べました。
春の七草の1つ” ハコベ ”は、柔らかで美味しかったです 

IMG_7679_convert_20170325225913.jpg













和ハーブシンポジウムに参加してきました。

昨日は東京で開催の” 和ハーブシンポジウム ”に参加してきました。
設立から7年目になる協会に、携わる会員の方や先生方の
貴重なお話を伺える場となりました。

IMG_8421_convert_20170423212132.jpg

IMG_8430_convert_20170423212215.jpg


高知から朝採りの和ハーブをお持ちくださった生産者の方からは、
イタドリの和え物の試食なども 

IMG_8432_convert_20170423212254.jpg



日本各地に自生する和ハーブは 日常的に目にすることも多く、
時には” 雑草 ”と ひとまとめにさせてしまうこともありますが、
その植物たちが持つチカラに気づくと驚かされます 
そして、里山では生物多様性の保全につながるということも。。。




盛りだくさんの内容で、4時間はあっという間に過ぎてしまいました。
そしてお恥ずかしながら、このブログも資料の中にご紹介いただき
身の引き締まる思いがしました 


IMG_8420_convert_20170423213000.jpg



これからも” 和ハーブ ”文字だけの情報だけでなく、自然の中で探し触れて香りを感じ、
そして育て観察し有用する
。。。ということを意識して過ごしていきたいと思います。
子供の頃、道端で見つけた小さな花ホッコリした気持ちを忘れずに。。。。



そして、シンポジウム前に” 赤坂不動尊 ”にお参りし、ランチした場所を最後にご紹介 
市川猿之助さんがプロデュースの” 赤坂うまや ”さんは、
雰囲気の良い古民家のお店で絶品でした 


IMG_8402_convert_20170423212851.jpg

IMG_8465.jpg




お庭にあったツワブキ和ハーブだなぁ・・と思いながら、会場に向かったのでした 















沖縄和ハーブ紀行④

沖縄和ハーブ紀行として、旅で出会った和ハーブなどを
これまで気ままに書き留めてきましたが、これで最後になります



最終日に那覇の” 壺屋やちむん通り ”をたずねました。
沖縄の伝統工芸品” やちむん ”とは” 焼き物 ”のことです。





琉球石灰岩の石畳の続く通りを散策し、牧志公設市場に戻ろうとしたとき
ピンッときたお店を見つけました。店内には沢山の窯元直営の” やちむん ”が!
女流作家さんらしい、優しい色合いの7寸の” やちむん ”を購入しました。

IMG_7127_convert_20170320120044.jpg

IMG_7134_convert_20170320115151.jpg



その後迷い込んだ商店街” カーサムーチー ”を見つけました。
月桃の葉でくるまれた” ムーチー(餅) ”のことです 

IMG_7139_convert_20170320115243.jpg

IMG_7141_convert_20170320115315.jpg



” カーサムーチー ”とは 沖縄で旧暦の12月8日健康・長寿祈願として
食べられるお菓子です。
黒糖の甘さ月桃の香りがする、ワラビ餅のような食感のお菓子です 

IMG_7143_convert_20170320115415.jpg



弾力のあるお餅きな粉をまぶして食べると、さらに美味でした

IMG_7146_convert_20170404165033.jpg




本場の” カーサムーチー ”と共にお土産にした” やちむん ”” 琉球ガラス ”
を使うたびに、楽しかった和ハーブ探索を思いかえしています 

IMG_7135_convert_20170320115214_201704092124035e8.jpg














sidetitleプロフィールsidetitle

curegrassa

Author:curegrassa
★藤沢・鎌倉・逗子にて
 アロマテラピーや
 和ハーブ講座を開催して
 います。

★所持資格
 AEAJ認定アロマテラピー
 インストラクター&
 アロマハンドセラピスト

 和ハーブインストラクター
 &コーディネーター

 環境カオリスタ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスカウンターsidetitle
sidetitleオンラインカウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitlecuregrassaアルバムsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR