ツワブキを食べてみました。

先日” 江ノ島探索 ”のときに ” ツワブキ ”自生しているのを見つけました。
鎌倉の寺院では 今は 花の時期が終わっているものが多かったのですが
江の島海沿いは 綺麗咲いていました 

IMG_2812_convert_20141207161830.jpg



以前山野草教室で ” ツワブキ ” は食べられると聞いていたので
10本ほど 葉茎採取してきました。
↓ 




よく洗って を分け、茎から5分ほど茹でます。
は 直径5mmほどなので、皮は剥けませんでした
最近 八百屋さんにも出回っている” フキ ” は直径 1センチ以上立派ですね。

IMG_2815_convert_20141209210213.jpg



茹でたら、にさらしてアクを抜きます。

IMG_2816_convert_20141209210854.jpg



次に の部分3分ほど茹でました。
葉っぱは 艶々です ” 艶のある葉のフキ ” から ” ツワブキ ”
名前が付いたというのも 頷けます。 

IMG_2817_convert_20141209210550.jpg



同じく、水にさらします。アク抜きは、フキフキノトウに含まれる ” ピロリジジンアルカイド ” が
肝臓に対して” 毒性 ”あるそうなので行うと良いですね!

IMG_2818_convert_20141209210612.jpg



30分ぐらいして アク抜きした水見てみましたが 茶色になっていませんでした。
また、茎をかじってみました。皮をむいていないので 少し歯ごたえがありますが
が口の中に残らない程度です。



食べてみました。肉厚な葉は、程よい歯ごたえ美味しいです 
また、びっくりしたことに・・・・茎も葉も、塩味がします!
海沿い採取したからでしょうか。もちろん、塩ゆでしたわけでもありません(笑)



ニンニク醤油 ・ 砂糖 ・ 酒 煮込みました。

IMG_2825_convert_20141209210800.jpg



” キャラブキ ” を作ってみました。
” フキ ”らしい苦味が少しありつつも、噂?ほど苦くないです!
また、意外だったのは 葉が美味しいことです苦いので食べられない・・と
書いてある資料がありましたが、苦さは全くありませんでした。
(もともと フキが苦手な方や、お子様はどうかわかりませんが・・

IMG_2838_convert_20141209211254.jpg




塩味がすることも驚きでしたし、” 旬 ”の時期が ” 春 ” の ” ツワブキ ” 
” 秋 ” に美味しくいただけたことが 今回の収穫でした 
これからも ” 体験 ” 通じて色々学んでいきたい思います 





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

curegrassa

Author:curegrassa
★藤沢・鎌倉・逗子にて
 アロマテラピーや
 和ハーブ講座を開催して
 います。

★所持資格
 AEAJ認定アロマテラピー
 インストラクター&
 アロマハンドセラピスト

 和ハーブインストラクター
 &コーディネーター

 環境カオリスタ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスカウンターsidetitle
sidetitleオンラインカウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitlecuregrassaアルバムsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR