和ハーブ探索~江の島

3日前荒天あきらめざる負えなかった” 江の島 和ハーブ探索 ”
昨日リベンジしてきました。
から日差しが気持ちの良く空気澄んで遠くまで望めます。






駐車場から ” 青銅の鳥居 ”までは、” ツワブキ ” や ” トベラ ”
沿道に見られます。
ついつい、貝を焼く良いにおいや 食事処がいってしまいますが(笑)

IMG_2812_convert_20141207161830.jpg

IMG_2769_convert_20141207161609.jpg





お土産屋さんや食事処 が立ち並ぶ坂道を上ると ” 朱の鳥居 ” があります。
ここからは 何時も訪れている ” 江の島神社 ” には寄らず右手坂道を上ります。
こちらの くぐらず右手の道を行くと、” 奥津宮 ” への近道になっています。

PC062550_convert_20141207161849.jpg



途中、食事に立ち寄ったりしたのですが 今日江の島の一番奥にある
” 稚児が淵 ” で見つけた ” 和ハーブ ”ご紹介します。
” 奥津宮 ”通り過ぎ 道なりに進んでいくと、急な下り階段があります。
” 帰りがたいへんだなぁ~ ” とボヤく声聞こえますが、ひるまず進んでいくと
美しい光景が・・・・

PC062565_convert_20141207164845.jpg

PC062568_convert_20141207165126.jpg



ここは かなり浸食された岩場なのですが、この海風潮風に負けず
自生している植物 を見つけました。
私もまだまだ知識も少なく 断定できなかったのですが、後日お詳しい方に聞いてみたところ

上の写真
から、ボタンボウフウ ・ ハマボッス ・ ラセイタソウ だそうです。

IMG_2801_ボタンボウフウ_convert_20141207161816

IMG_2798_ハマボッス_convert_20141207161718

IMG_2803_convert_20141207161738.jpg


ボタンボウフウ は ” 長命草 ”呼ばれたり、沖縄では ” サクナ ” と呼ばれ
食べられて
いるそうです。
血圧降下 ・ 動脈硬化 ・ 解熱 ・ 健胃 ・ 疲労回復 などの効果期待されます。

また、ハマボッス5月ごろ小さな白い花咲かせるそうですが、全草乾燥させて
お茶にして飲用すると 利尿 ・ 抗腫瘍 などに良いとされ 注目の植物だそうです。

そして ラセイタソウ。こちらは調べてみたのですが薬効や食用…というのは
ほとんどない
ようですね。でも厚みのある葉に、まるで ” ちりめんの生地 ”
のような細かいシワのあるのが印象的な植物でした 





まだまだ 地元にも知らない植物がたくさん足元にありそうです。
江の島にも季節を変えて、また訪れてみたいと思います 




参考文献 ” 和ハーブ にほんのわすれもの ”   著 : 古谷 暢基 氏




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

curegrassa

Author:curegrassa
★藤沢・鎌倉・逗子にて
 アロマテラピーや
 和ハーブ講座を開催して
 います。

★所持資格
 AEAJ認定アロマテラピー
 インストラクター&
 アロマハンドセラピスト

 和ハーブインストラクター
 &コーディネーター

 環境カオリスタ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスカウンターsidetitle
sidetitleオンラインカウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitlecuregrassaアルバムsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR