和ハーブ~菊 編

先日の ” 鎌倉和ハーブ塾 ” で、紫色の食用菊 で ” 酢の物 ” を習いました。
近所の 八百屋さんで ”黄色の食用菊 ” を見つけたのでさっそく 復習。。。。



先に 出来上がりの写真です(笑)







★ 作り方 ★

 まずは、さっと水洗いします。

IMG_2264.jpg



 花の中心は 苦味がある ので、花びらだけ を取ります。

IMG_2266.jpg



 お湯を沸かし、色止めなどのため 酢 と 塩 を少量入れて茹でます
1分ほど茹でますが、浮いてしまうので ” 網しゃくし ” などで抑えると良いです 

IMG_2267.jpg



 きゅうり も 小口切りにし、 で揉んでおきます。
茹であがった” 菊 ” とともに、水分を絞り、 甘酢 (酢、三温糖、だしの素、塩少々 )で、あえます。

IMG_2268.jpg



そして しばらく冷やしておき 味をなじませたら、出来上がり ♪
 ↑ 一番上の 写真 になります !



” 菊 ” は 9月9日の ” 重陽 (ちょうよう) の節句 ” に、平安時代 ごろから
” 不老長寿の 花 ” として親しまれてきたそうです。


” 菊 ”エキスは、冷え ・ 不眠 ・ 眼精疲労 ・ 頭痛 ・咳止め などに
効果があると 言われています。





今まで 意識をして食したことはなかったですが、秋を感じる食べ物 として
子供たちにも 伝えていきたいと思いました 




※ 参考文献  ” 和ハーブ ~にほんのわすれもの ”     著者 :  古谷 暢基 氏




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

curegrassa

Author:curegrassa
★藤沢・鎌倉・逗子にて
 アロマテラピーや
 和ハーブ講座を開催して
 います。

★所持資格
 AEAJ認定アロマテラピー
 インストラクター&
 アロマハンドセラピスト

 和ハーブインストラクター
 &コーディネーター

 環境カオリスタ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスカウンターsidetitle
sidetitleオンラインカウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitlecuregrassaアルバムsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR