カキドオシのチンキ剤②

毎日寒い日が続きますが、ベランダの植物たちは少しずつ春への準備をしているようです。
” カキドオシ ”小さな葉をたくさん出しており、” ユキノシタ ”新芽が中央部分で
おしくらまんじゅうしているように見えます
 

  

冬の間も緑の葉が楽しめる” カキドオシ ”を使って、昨年末” ティンクチャー ”を作りました。
” ティンクチャー ”とは” チンキ剤 ”とも言われ、ハーブをアルコールに漬けて、
有効成分を抽出する方法です。






12月初旬でも青々としている” カキドオシ ”を摘み、ヒタヒタになるぐらいの
ホワイトリカーを注ぎます。


PB284747_convert_20151205135836_2016020218230150f.jpg



両手にふんわり量の” カキドオシ ”
ちょっと容器が大きかったですね (笑)


PB284749_convert_20151205141050_201602021823026ee.jpg




1ケ月ほどおいて、葉を取り出します。
ミントのような爽やかな香り 取り出したは、お茶パックなどに入れてお風呂で楽しみます
 

PC174870_convert_20151217150259_20160202192412a9e.jpg

PC174873_convert_20151217150406.jpg




” カキドオシ ”鎮咳・消炎・解毒・血糖値降下・脂肪燃焼・血糖値降下
などの作用が期待されている和ハーブです。
ヨーロッパではハチミツと共に味付けした” ギルティ― ”と言われるハーブティーとして
風邪対策のハーブティーとして飲まれているようです 





今回は出来上がったティンクチャーを使って、ローションを作ってみました。
” カキドオシ ”エキスが 紫外線による沈着の退色に効果があるとのこと。。。!
実体験として、娘と共に使用してみようと思います(笑)


PC174887_convert_20151217150713.jpg




精製水グリセリンを加えたローションは、同じ割合で希釈した
” ドクダミ ”ティーンクチャーロ―ションにくらべ、色が薄いです。
(左:ドクダミ、右:カキドオシ


P2015304_convert_20160202181438.jpg



柚子タネのローションも加え、我が家の洗面所には植物からの恵み
また一つ増えました 










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

curegrassa

Author:curegrassa
★藤沢・鎌倉・逗子にて
 アロマテラピーや
 和ハーブ講座を開催して
 います。

★所持資格
 AEAJ認定アロマテラピー
 インストラクター&
 アロマハンドセラピスト

 和ハーブインストラクター
 &コーディネーター

 環境カオリスタ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスカウンターsidetitle
sidetitleオンラインカウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitlecuregrassaアルバムsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR