赤シソと甘茶のコーディアル

梅雨に入りそうで入らない日が続く 藤沢です。
連日の忙しさと寝不足で 体調を壊してしまいましたが、
先日作った” コーディアル ”で 疲れを吹き飛ばしたいと思っています 


八百屋さんで 最近見かける” 赤シソ ”
こちらと” 甘茶 ”を使って、砂糖の使用量を半分以下に抑えた
” 赤シソと甘茶のコーディアル ”を作ってみました






①よく洗ったら、まずは茎からを すべて外します。

IMG_5363_convert_20150608143217.jpg


1.5Lの水を鍋で沸騰させて、を一気に入れます。

IMG_5411_convert_20150608143243.jpg



③すぐに 紅い色素が出てきます 
4分ほど煮出しから、取り出します。

IMG_5413_convert_20150608143306.jpg

IMG_5414_convert_20150608143324.jpg



⑤取り出した葉を ぎゅーっと絞って、汁は鍋に戻します。

IMG_5416_convert_20150608143347.jpg



⑥鍋にお酢を2カップ加えます。
程良い酸味が 良いですね
 

IMG_5409_convert_20150608143427.jpg



⑦ここで和ハーブ” 甘茶 ”が登場です。
0.5Lの水を沸かして、ティースプーン4 の” 甘茶 ”を入れます。
この時、煮出しすぎると” えぐみ ”が出ますので、ハーブティーを
入れる要領
で火をいったん止めて甘みを出します。




甘みが出たら 甘茶の葉を取り除き、鍋に注ぎいれます。

IMG_5408_convert_20150608143410.jpg

IMG_5420_convert_20150608143456.jpg




⑨全体を良く混ぜ 味を見たら、もう少し甘さが必要だったので
鍋からすくった シソジュースを再度温め、ティースプーン2 の” 甘茶 ”
軽く煮出しました。全部で ティースプーン6 の甘茶使用したことになります 




⑩再び 葉をすくい上げて、甘茶ティーを鍋に入れます。
最後に甘みを見て、今回は2L” 赤シソジュース ”に対して
砂糖は200gだけ加えました。
通常は、500g~800gを入れるそうなので ” 甘茶 ”を使うと
砂糖の量は 半分以下~4分の1量
で 済みます
 

IMG_5422_convert_20150608143752.jpg



⑪全ての材料を入れたら、20~30分火にかけ煮詰めます。
粗熱をとって容器に入れたら、コーディアルの出来上がり
 
冷蔵庫に入れて、2~3倍の水や炭酸水で薄めて飲みます。

IMG_5487_convert_20150608143826.jpg



砂糖の甘さの1000倍とも言われる” 甘茶 ”でダイエット効果も。
そして” 赤シソ ”の 胃腸不良改善 ・ 疲労回復 ・防腐や解毒作用が、
今の私の体調改善に ピッタリのようです(笑)




アレルギー体質の改善にも注目されている” シソ ”
血糖値が気になる方のコーディアルとしても ” 甘茶 ”を使うことで
飲みやすいものになったと思います。
” 和ハーブ ”上手く活用していただけると、幸いです 





コーディアル・・・本来はアルコールに漬けたハーブ・果実のリキュールのことで
身体を活気づける飲物でしたが、ノンアルコールの濃縮のシロップも このように呼ばれています 






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

curegrassa

Author:curegrassa
★藤沢・鎌倉・逗子にて
 アロマテラピーや
 和ハーブ講座を開催して
 います。

★所持資格
 AEAJ認定アロマテラピー
 インストラクター&
 アロマハンドセラピスト

 和ハーブインストラクター
 &コーディネーター

 環境カオリスタ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスカウンターsidetitle
sidetitleオンラインカウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitlecuregrassaアルバムsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR