和ハーブティー(スギナ)

土筆の後は スギナグングン育っている季節ですね。
除草がてら いただいたスギナをドライにして、初の” スギナ茶 ”
作って
みました 



友人に聞いたのは ” かなりクセのある苦さがする ” とのことでしたが、
” 採取した場所 ” や ” 抽出時間 ” で、変わるのかもしれませんね!
その昔 初めて採取して飲んだ” ヨモギ茶 ” が、
私にとっては、まさに そうでしたが・・・・



和ハーブである” スギナ ”は、日本全国の日当たりの良い場所に自生する、
日本人には馴染み深い植物ですね。
ただ どこにでもありすぎて、ハーブという印象がない方が多いと思いますが
利尿 ・ 消炎 ・ 解熱 ・ 鎮咳 ・ 鎮痛 ・抗菌
・・・などの効能
期待されています。



まずは よく流水で洗って、レンジでチンして乾燥させます。





ドライになった” スギナ ” は、たたみのイグサのような
青草の香り
がしました 

IMG_4510_convert_20150410131007.jpg



ドライの葉を細かくカットしても良いのですが、
そのままティーポットに入れてみました。

P5013626_convert_20150501160432.jpg

IMG_4862_convert_20150502213216.jpg




3分ほど 抽出しました。
” スギナ茶 ” を飲むのは初めてでしたが、
” 苦い ”と聞いていたので、恐る恐る口にすると。。。。
苦くありません 
色も薄く、クセもなく飲みやすい味です

P5013628_convert_20150501160522.jpg




ヨーロッパでは古くから、解熱や ガンを予防することが知られていました。
ただ、心臓や腎臓の機能不全のある方は、飲用をお避けになったほうが
良い
ようです。


ハーブ園では 雑草として抜いては捨てていた” スギナ ”
グングン大きく育っている間に、採取しければ(笑)
⇒ 現時点、ハーブ園では” 洋のハーブ ”がメインなので
ご了承をいただいています 



農薬や不衛生な場所での採取 ・ 個人の所有地などでの採取は、
禁止または 許可が必要ですね 



まだドライにした” スギナ ”があるので、
今度は焙煎して飲んでみようかと思っています。。。 




参考文献 ” 和ハーブ にほんのわすれもの ”    著 : 古谷 暢基 氏







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

curegrassa

Author:curegrassa
★藤沢・鎌倉・逗子にて
 アロマテラピーや
 和ハーブ講座を開催して
 います。

★所持資格
 AEAJ認定アロマテラピー
 インストラクター&
 アロマハンドセラピスト

 和ハーブインストラクター
 &コーディネーター

 環境カオリスタ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスカウンターsidetitle
sidetitleオンラインカウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitlecuregrassaアルバムsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR