マートルで風邪予防

新学期も始まり、いよいよ受験シーズンも始まりますね。
我が家にも受験生がいますので、風邪対策は気になるところです 
ディフューザーにティートゥリーユーカリ・ローズマリー・レモンなどの精油を入れ、
空気の乾燥防止と殺菌に役立てています 






先日 冷蔵庫にずっと保管していた” マートル ”芳香蒸留水を取り出し、
ディフューザーに入れてみました。


実は1年半ほど前、ボランティアをしているハーブ園のイベントで、
実際に水蒸気蒸留法でとりだしたものです。
精油も家にあるのですが、日が経っているため 恐る恐るふたを開けてみました。。。
変なニオイはしません!逆にスッキリとしたティートゥリーのような香りです


P1095107_convert_20160109142519.jpg



ディフューザーからは、浄化されるような爽やかな香り 
蒸気が出ている様子も、ホッコリさせられますね
 
” マートル ”の香りは気管支の痛みを和らげたり 鼻づまりを緩和したり、
心を落ち着かせる鎮静効果もあるようです。


P1075100_convert_20160108164443.jpg




” マートル ”は ティートゥリーユーカリと同じく” フトモモ科 ”の植物で、
梅に似た白い花を咲かせることから 和名で” 銀梅花(ギンバイカ) ”と言います。
ハーブ園には 葉に斑入りの” マートル ”もあります。


IMG_8388_convert_20160108164805.jpg



ちょうど11月の終わりにみたハーブ園の” マートル ”の木。
沢山の実を付けていました
 

IMG_8387_convert_20160108164712.jpg



午後の光に照らされてキラキラでした。。

IMG_8395_convert_20160108164858.jpg

IMG_8397_convert_20160108164946.jpg



年末年始にご無沙汰してしまったハーブ園
しばらく作業日はないのですが、そろそろ覗きに行きたくなりました
 











スポンサーサイト

金木犀の季節に。。。

昨日は藤沢の古民家mano+(マーノプラス)さんでアロマ講習会の後、
夕方に髪を切ってもらうため 再び訪れました。
いつも入り口で猫ちゃんが お出迎えしてくれます 
 



IMG_7098_convert_20150927150252.jpg



昼間に伺ったとき、mano+さんのお庭” 金木犀 ”の花が咲いたと聞いていたので
香りを嗅ぐのを楽しみにしていました。
オレンジ色の小さな花から漂う甘い香りは、大好きな香りです 
に向かって少しずつ涼しくなっていく頃の、ちょっと切ない香り。。。


IMG_7086_convert_20150927150057.jpg



でも残念ながら、mano+さん” 金木犀 ”、空高くに枝を伸ばし・・・
風もなかった昨日は、香りをたくさん感じることができませんでした 
でもビックリしたのが、仲良く寄り添っている” 月桂樹 ”の木
2本の木が、一緒に空高く枝を伸ばしているのです。


IMG_7081_convert_20150927145957.jpg

IMG_7091_convert_20150927150129.jpg
古民家ならではの、お庭の歴史を感じた一コマでした 



ちなみに” 金木犀 ”” オスマンサス ”と呼ばれ精油も存在しますが、
香りが変化しやすく抽出が難しいため 高価なものです。
中国では 花をアルコールに漬けた” 桂花陳酒 ”などが有名ですね。
香りはリラックスでき、また花を日陰でドライにしたものを煎じて、
うがい薬にすると良いそうです
 


 

そして髪を切ってもらう時に、ふと手にした雑誌
ページをめくったら、行きたいと思っていた戸塚の” かねこふぁーむ ”さん
記事がありました
 実はこちら、友人と縁ある場所です 

IMG_7100_convert_20150927150335.jpg

IMG_7103_convert_20150927150606.jpg




帰り道、背の低い” 金木犀 ”の木から薫る香りとともに
何だか良いことが引き寄せられたような、嬉しい気分になりました
 

IMG_7093_convert_20150927150207.jpg












介護のためのフット&ハンドケアの勉強会へ

朝からどんより雲の本日は、楽しみにしていた勉強会へ出かけました。
会場の最寄駅は夏の喧騒はないものの 近くの高校の文化祭で賑わっていました
 





介護におけるフットケアハンドケアを学ぶため、鎌倉高校前から会場に向かう途中
” ラセイタソウ ”を発見。ちりめん状の葉が特徴の、海岸線に多く見られる植物です。
今日の講座は以前から興味のある分野だったのと、フットケアの中西先生とは以前から
繋がっていただいていたので、とても楽しみにしていました 


IMG_6861_convert_20150913222511.jpg



講座は座学と 実際に参加者同士でペアになり実践練習という形です。
初めてお会いする方とも、ケアの練習をしながら自然にお話が弾み、
緊張がほどけていくのを感じました


IMG_6864_convert_20150913222534.jpg



” 明日から出来るフットケア(浮腫編) ”とする今回の講座は、
要介護の方へのアプローチだけでなく、健常者へのケアとしても
為になることが沢山・・・!
さっそく、家で お風呂上がりの家族に実践してみました(笑)


IMG_6865_convert_20150913222553.jpg




休憩をはさみ、次は看取り士・ 看護師・ ハンドセラピストとしてご活躍の
山本先生の講座です。気持ちの良いトリートメントハンドケアだけではない、
相互の癒しとなる施術の話を伺いました。
実践練習で肘までトリートメントしていただくと、ホントに気持ちが良いです~
 

IMG_6867_convert_20150913224814.jpg

IMG_6868_convert_20150913224830.jpg



充実の講座に参加されたのは ほとんどが介護福祉士の方々で、
茨城・ 埼玉・ 千葉などの遠方からお越しになっていました。
中には 可愛い姉妹を連れた看護師さんも。。。私だけが素人だったような




帰りの電車では最寄駅まで、ご縁をいただいた方に色々質問にもお答えいただき
充実した一日でした
いつの日か来るであろう両親の介護だけでなく、スポーツをしている子供のケア
家族や友人とのコミニュケーションなど、様々な場面で双方の癒しともなるケア
学べたと思います 




最寄りの駅からは、もう少しでダイヤモンド富士になりそうな夕焼け。。。
明日も頑張ろう・・・と、そんな気にさせられました
 

IMG_6874_convert_20150913224925.jpg











ミントのチンキ剤

7月初旬 ドクダミチンキとともに漉した” ミントチンキ ”
すっかりアップするのが遅くなり、1か月も経ってしまいました
 



暑い毎日にはやっぱり” ミント ”の香りは爽やかですね
今日は” ミントチンキ ”作成&漉した時の様子をお伝えしたいと思います。
↓ 
P7023873_convert_20150804172141.jpg




作成の手順は ドライのミントの葉 ウォッカ ・ 清潔なビンを用意します。
細かいミントの葉を ビンにいっぱい詰めて、ウォッカを注ぐ・・・・これだけです
今回はボランティアをしているハーブ部会のイベントで作成したので、
全ての材料を準備していただき、大変気軽に作ることができました
 





そして1ケ月後の7月初旬、いよいよ漉してみました。
用意するのは、ミントチンキを保存する別の清潔なビン、ロート、
そしてコーヒーフィルター


P7123921_convert_20150804173657.jpg



サラッとしているので、すぐに漉せます。
色はだいぶ濃いこげ茶です。


P7123929_convert_20150804173604.jpg



ウォッカで作っているので、飲用も可です。
夏なのでモヒートのような爽やかドリンクにも 使えそうですね
・・・なのに、普段私はお酒をほとんど飲まないので、まだ楽しめていません


P7123932_convert_20150804173813.jpg



この夏 3回作ったシソジュースもなくなってしまいました。。。
今は 2ビン作った梅ジュースが活躍していますが、
たまには 爽やかな” ミント ”カクテルにも チャレンジしたいと思います
 

P7153954_convert_20150804174330.jpg



まずは 清涼感のある” ミントスプレー ”で 涼を感じるのも
良いかもしれませんね。。。



⇒ ミントチンキを 精製水で5~10倍に薄めてスプレー容器に入れます。
目に入らないよう、また肌に刺激を感じない程度に様子を見ながら、
自己管理のもとご使用くださいね。(早めに使い切りましょう)
夏場は冷蔵庫に保管し、シュッとひと吹き・・・も気持ちいいですね
 





カレンデュラオイルを作りました③

昨年末オイル漬けこんでいた” カレンデュラ ”の花弁から
綺麗なオレンジ色オイル出来上がりました。



ちょうど昨日で、2か月弱ほどです 





貴重なオイルクリーム作ろうと思い、漉してみることにしました。
まずは たっぷり入れた花弁取り出しながら、お茶パックのような不織布
入れていきます。あとで、オイルを絞るためです!

P2223143_convert_20150223212944.jpg



カレンデュラの花弁 10gは、結構な量でした。。。。
麦茶用お茶パック、3個分強です。

P2223146_convert_20150223213056.jpg



お茶パック入りきらなかった分は、茶こし直接オイル絞ります。
ビンは、事前殺菌消毒しておきました。

IMG_3903_convert_20150223213124.jpg



花弁取り除いたオイルは、こんな感じです。

P2223145_convert_20150223215959.jpg



ここからさらに茶こし漉していきます。
もしも 花弁の細かな残り気になるようでしたら、ここでも不織布
コーヒーフィルターを使うと 綺麗に漉せそうですね

IMG_3913_convert_20150223213305.jpg



出来上がりました 
にあった” アプリコットカーネルオイル ” と ” カメリアオイル ” 230ml で、
約 215ml の” カレンデュラオイル ” が出来ました 

P2223149_convert_20150223213416.jpg



出来立て” カレンデュラオイル ” と シアバター&ミツロウで 肌荒れ使用できる
リッチクリーム作りました 

P2223152_convert_20150223213615.jpg

P2223156_convert_20150223213658.jpg




精油の香り” ベンゾイン&フランキンセンス ”
どちらの精油も、細胞を活性化させ 肌の炎症を和らげると言われる
精油です。シアバターの香りと相まって、スイーツのような香りに。。 

IMG_3928_convert_20150223220110.jpg




初めて作った ” カレンデュラオイル ”
まだ 1ビン残っているので、大事に使おう思います 






sidetitleプロフィールsidetitle

curegrassa

Author:curegrassa
★藤沢・鎌倉・逗子にて
 アロマテラピーや
 和ハーブ講座を開催して
 います。

★所持資格
 AEAJ認定アロマテラピー
 インストラクター&
 アロマハンドセラピスト

 和ハーブインストラクター
 &コーディネーター

 環境カオリスタ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスカウンターsidetitle
sidetitleオンラインカウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitlecuregrassaアルバムsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR