アカメガシワのお茶

先週のボランティアハーブ園の作業日、気になっていた作業を行いました。
それはいつの間にか生えてきた” アカメガシワ ”木を抜くこと。。。です 






知らぬ間に” 海辺のハーブ ”花壇に生えてきた” アカメガシワ ”
日本台湾・中国南部に生育する樹木です。
パイオニア植物と呼ばれるだけあって、あれよあれよという間
人の背丈以上に成長していました 

IMG_1335_convert_20170813233729.jpg



このまま大木になってしまっては困る位置に生えてきたため、
職員の方と相談し抜くこととなりました。

IMG_0958_convert_20170813233805.jpg



170センチほどに伸びた” アカメガシワ ”
どれだけ深いのだろうと想像していたのですが、
1人で引っ張ったら難なく抜けて、ビックリ 

IMG_1483_convert_20170809191952.jpg

IMG_1489_convert_20170809191930.jpg





樹皮生薬として 胃潰瘍・胃酸過多・胆石症の予防&改善に使用されており、
お茶として樹皮と共に葉も利用されていると知った私。。。
試してみない手はありません(笑)

IMG_1502_convert_20170809192339.jpg



ドライにしてからお茶にしてみました。

IMG_1558_convert_20170814152621.jpg



色もしっかり出て風味もあり、飲みやすく美味しいです 

IMG_1563_convert_20170814152709.jpg

IMG_1568_convert_20170814152749.jpg




樹皮を使用したほうが胃腸改善には効果がありそうですが、
気軽に飲める新芽の” アカメガシワ茶 ”はなかなかの発見でした 



貴重な体験、まだまだ楽しみながら進めていきたいと思います
 














スポンサーサイト

ウラジロガシのお茶

毎日猛暑が続いていますね。冷房が苦手な私も、
今年の夏はさすがにエアコンをつけざる負えない状況です



冷房体が冷えてしまうので、家では温かな飲み物が美味しく感じます 
先日いただいた” ウラジロガシ ”の葉をお茶にして飲んでみました。





枝先の葉をいただきましたが、思ったより繊細で薄い葉っぱです。
” ウラジロガシ ”の名の通り、葉の裏が白いです 

IMG_1458_convert_20170809191404.jpg



この葉裏の白い部分を指でこすると。。。

IMG_1460_convert_20170809191431.jpg



白い部分が取れて、緑の光沢が見えてきます 

IMG_1461_convert_20170809191450.jpg



お茶にして飲むときにハサミでカットしたら、パラパラ白い葉裏の組織が
落ちてくるほどでした 

IMG_1463_convert_20170809191508.jpg



” ウラジロガシ茶 ”結石症に対する民間薬として、
また” 日本六大和薬 ”の1つとして、古くから使われていたようです。



ティーポットで淹れたお茶は、クセがなくほんのり草木の香り。。
飲みやすくてブレンドにも向いているお茶だと思いました  

IMG_1465_convert_20170809191530.jpg



外の暑さは厳しいですが、次は何のお茶を飲んでみようか
今年の夏は新たな楽しみが増えてきました(笑)













和棉を育てます⑭

ボランティアハーブ園真夏の作業は、朝の9時からです。
暑さ厳しい時間の作業とならないように。。。と設定していただいた時間ですが、
今日の暑さクラクラするほどでした 




台風が通過した後 初めてみた” 和棉花壇 ”は、被害も少なくホッとしました。
それでも斜めになってしまった枝もあり、支柱を立てて。。。

IMG_1471_convert_20170809192800.jpg



2人で滝のような汗をかいて頑張った除草は かなりスッキリし、
が咲き始めてからも枝葉を伸ばす” 和棉 ”逞しさを感じます 

除草前

IMG_1470_convert_20170809192739.jpg

除草後
IMG_1496_convert_20170809192418.jpg




青空の下たくさん咲いて、ベランダでは一足先に実が4センチ台
かなりしっかり硬くなってきました 

IMG_1473_convert_20170809221455.jpg

IMG_1395_convert_20170809192825.jpg




背丈60センチほどの小さな和棉ですが、私にとってはもうすぐ親離れする子供の様。。。
暑さ雨風に負けず、あと少し実が弾けるまで大切に育てていきたいと思います

IMG_1499_convert_20170809221646.jpg

IMG_1482_convert_20170809231416.jpg




水遣りしている時、自分も水を浴びたくなるほど暑さ厳しかった本日。。。(笑)
皆さまもキラキラの太陽の下、熱中症には気をつけてお過ごしください 

IMG_1491_convert_20170809221703.jpg












手作り味噌の天地返し

早いもので7月も残りわずかですね。
例年より遅く、手作り味噌” 天地返し ”をしました。





昨年同様、出来上がり8㎏お味噌
おそるおそるふたを開けてみると、予想外に綺麗な表面でビックリ 
なぜなら昨年はちょっぴりカビがありカラフルだったからです 



ラップの上の溜まり醤油色が薄くたっぷり取れて、
昨年熟成が進んだこげ茶色のコクのある溜まり醤油とまったく異なりました。
昨年と違った条件はただ一つ・・・梅雨時の雨が極端に少なく
湿気が少なかったことが熟成度合い影響したのでしょうか

IMG_1117_convert_20170723221806.jpg

IMG_1120_convert_20170723221848.jpg



味噌玉を作って容器から取り出していきます。
容器に少しだけ残った味噌は、残り野菜に付けて味見を・・・
まだ塩っ辛い感じです。

IMG_1123_convert_20170723222438.jpg

IMG_1126_convert_20170723222453.jpg



容器を洗ってアルコールで拭き、そこに少しだけ小笠原の塩を振ったら
味噌玉を取り出した順番で詰め直していきます。
これで上下が逆になるのですね 

IMG_1127_convert_20170723222509.jpg




詰めたら表面をならして、ラップをした上に重しを置いて
” 天地返し ”の出来上がりです。
家庭の量手作り味噌でしたら” 天地返し ”はしなくても良いそうですが、
・ 風味を良くする
・ 表面のカビの様子が気になる
・ 味を見て熟成度合いを知る
・・・ために、夏の恒例行事となっています 

IMG_1128_convert_20170723222527.jpg

IMG_1132_convert_20170723222613.jpg



この日の夕飯は熟成途中の味噌を少し使って、豚ロースの味噌焼きに。
2センチ厚のお肉も、お味噌効果やわらかくなりました 
もう少し熟成させて、秋にお味噌汁にするのを楽しみに待ちます 

IMG_1135_convert_20170723222633.jpg


















和棉を育てます⑬

梅雨明けした後、今日は少し風が涼しく過ごしやすい藤沢です。
ここのところ植物の葉脈の美しさ魅せられていますが、
先日ベランダの和棉の花だった件、謎が解けたのでお伝えいたします 

IMG_1025_convert_20170722232703.jpg




その後を観察してみたのと和棉栽培の先輩に伺ったところ、咲いている直前直後の花。
そして徐々に花が枯れてくると、色がピンクになっていくようです。

IMG_1056_convert_20170722232926.jpg

IMG_1113_convert_20170723122547.jpg



なるほど、ピンクの花が自然にポロっと落ちた後を覗いてみると。。。
のなり始めの小さな実が出来ていました 

IMG_1020_convert_20170722232827.jpg




今朝は涼しかったのか、やっと開いている花を見ることが出来ましたが
暑い日は花は萎んでいるかのよう蕾と勘違いしていました 

IMG_1102_convert_20170723122451.jpg




そしてボランティアハーブ園も、昨日は夕方水遣りに。
5日ぶりなのに、また丈が伸びて花が咲き始めていました 
白棉は花も白~薄いピンク色(風が強く、写真がブレてスミマセン

IMG_1073_convert_20170722231953.jpg

IMG_1064_convert_20170722231856.jpg



茶棉は茎や葉脈が赤み~紫色でシック 
花はクリーム色です。

IMG_1066_convert_20170722231809.jpg

IMG_1068_convert_20170723140021.jpg






クロモジの木の下に植えた和棉にも水をあげ、植物たちの様子を見ていると
今年最初” ゲンノショウコ ”の花を見つけました。 
ハーブ園のは赤花です 

IMG_1079_convert_20170722232107.jpg



相変わらず丈も小さく成長を心配していた和棉ですが、
何とか花を咲かせてくれてホッとしています 
まだまだ夏の間の観察&収穫は続くので、楽しみながら頑張ります 

IMG_1080_convert_20170722232128.jpg













sidetitleプロフィールsidetitle

curegrassa

Author:curegrassa
★藤沢・鎌倉・逗子にて
 アロマテラピーや
 和ハーブ講座を開催して
 います。

★所持資格
 AEAJ認定アロマテラピー
 インストラクター&
 アロマハンドセラピスト

 和ハーブインストラクター
 &コーディネーター

 環境カオリスタ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスカウンターsidetitle
sidetitleオンラインカウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitlecuregrassaアルバムsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR